内科のお医者さんの開業について

内科とは

内科とは手術以外の治療を行う診療科をいいます。内科は病気や軽いけがをしたとき最初に患者が受診する診療科です。

 

病気やけがの原因を的確に判断し、初診患者にもっとも適切な医療を受けさせるための診察を行うところです。

 

投薬、医療器具による治療、患者さんに対する生活指導などが主な治療法です。

 

ここで言う一般内科とは各部位によって細かく分かれる「〜内科」と呼ばれるもの全てを総合的に治療する科を指しています。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

神経内科

神経内科とは、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の障害によって起こる、さまざまな病気を専門とする診療科と定義されています。

 

頭痛や、めまいのような身近にみられる症状から、突然の意識障害や麻痺といった救急疾患まで、さまざまな症状が診療の対象となります。

 

主な症状は、手や足に力が入りにくい、身体が動かしにくく、動作が遅い、言葉がうまくしゃべれない、くりかえす頭痛がある、身体の一部または全体がけいれんする、手足が勝手に動く、突然意識がなくなる、他人から歩き方がおかしいと言われる、筋肉がだんだんと細くなってきた、足の先がジンジンとしびれる、物忘れがひどいなどがあります。

 

このような、さまざまな症状から診断の糸口をみつけ、その診断名のもとに治療を進めていきます。神経内科で診療する病気は、特別な治療を要しない疾患から、厚生労働省指定の神経難病(特定疾患)までさまざまです。主な病気にはこのようなものがあります。

一過性脳虚血発作、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、脳炎、髄膜炎、クロイツフェルト・ヤコブ病、多発性硬化症、重症筋無力症、ギランバレー症候群、ナルコレプシー、三叉神経痛、ハンチントン病、本態性振戦、顔面けいれん、痙性斜頚、脊髄炎、脊髄空洞症、多発性末梢神経障害、絞扼性単神経障害、顔面神経麻痺、筋ジストロフィー、多発性筋炎、周期性四肢麻痺など。

 

呼吸器内科

呼吸器内科とは気管支から肺にかけての呼吸をつかさどる器官について専門的に行う診療科です。疾患は急性のものから慢性のものなど多種多様にあります。
・ 肺炎、結核からの感染症
・ 肺がんなどの肺悪性腫瘍
・ 気管支ぜんそく、アトピー咳嗽
・ 肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(以降COPD)
・ 間質性肺炎・肺線維症(特発性・膠原病などによる2次性)
と言ったものが挙げられます。

 

呼吸器疾患が疑わしい症状としては、運動時・坂道を歩いた際の息切れ、痰の増加、血液の混ざった痰、持続する咳、息が吸いづらい、一気に息が吐けないなどがあります。

 

呼吸器疾患と喫煙は深い因果関係があります。肺がんになるリスクを飛躍的に高め、COPDの病態、症状を進行させます。COPDとはタバコを長期吸い続けることにより慢性的な気道の炎症をおこし、咳・たん・息切れなどの症状が特徴的な病気です。進行は緩やかなため放置されることが多いようですがやがて、日常生活が困難になるほどの呼吸苦が起こり死に至ることもあります。2020年には死因の第三位となると予想されており、日本では500〜700万人がこの病気であると言われています。進行すると症状が改善することはないため、早めに治療を開始すること、禁煙が大切となります。