調剤薬局のお届けする神経内科について

神経内科について

神経内科とは、脳・脊髄・末梢神経・筋肉の障害によって起こる、さまざまな病気を専門とする診療科と定義されています。頭痛や、めまいのような身近にみられる症状から、突然の意識障害や麻痺といった救急疾患まで、さまざまな症状が診療の対象となります。主な症状は、手や足に力が入りにくい、身体が動かしにくく、動作が遅い、言葉がうまくしゃべれない、くりかえす頭痛がある、身体の一部または全体がけいれんする、手足が勝手に動く、突然意識がなくなる、他人から歩き方がおかしいと言われる、筋肉がだんだんと細くなってきた、足の先がジンジンとしびれる、物忘れがひどいなどがあります。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

このような、さまざまな症状から診断の糸口をみつけ、その診断名のもとに治療を進めていきます。神経内科で診療する病気は、特別な治療を要しない疾患から、厚生労働省指定の神経難病(特定疾患)までさまざまです。主な病気にはこのようなものがあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

一過性脳虚血発作、アルツハイマー病、筋萎縮性側索硬化症、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、脳炎、髄膜炎、クロイツフェルト・ヤコブ病、多発性硬化症、重症筋無力症、ギランバレー症候群、ナルコレプシー、三叉神経痛、ハンチントン病、本態性振戦、顔面けいれん、痙性斜頚、脊髄炎、脊髄空洞症、多発性末梢神経障害、絞扼性単神経障害、顔面神経麻痺、筋ジストロフィー、多発性筋炎、周期性四肢麻痺など。

 

薬局