調剤薬局のお届けする消化器のがん

消化器のがん

日本人のがんの約60%は消化器のがんであり、早期であれば外科手術をせずに内科的な治療で治せることが多いです。



消化器領域には様々ながんが発生しますが、内視鏡検査などで多くは早期発見可能です。





薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。



消化器疾患の診断にはおもに、内視鏡検査、超音波検査、CT検査、MRI検査等々の画像検査を駆使して行われます。





 

おもな疾患には、消化管悪性腫瘍(しょうかかんあくせいしゅよう)、消化管良性腫瘍(しょうかかんりょうせいしゅよう)、消化性潰瘍(しょうかせいかいよう)、胃食道逆流症(いしょくどうぎゃくりゅうしょう)・GERD(ガード)、炎症性腸疾患(えんしょうせいちょうしっかん)、虚血性腸炎(きょけつせいちょうえん)、食道アカラシア(しょくどうアカラシア)、胆石症(たんせきしょう)、胆道系腫瘍(たんどうけいしゅよう)、膵腫瘍(すいしゅよう)などがあります。




薬剤師 求人