調剤薬局のお届けする呼吸器内科について

気管支から肺にかけての呼吸をつかさどる器官の内科について

呼吸器内科とは気管支から肺にかけての呼吸をつかさどる器官について専門的に行う診療科です。疾患は急性のものから慢性のものなど多種多様にあります。主に分類すると
・肺炎、結核からの感染症
・肺がんなどの肺悪性腫瘍
・気管支ぜんそく、アトピー咳嗽
・肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患(以降COPD)
・間質性肺炎・肺線維症(特発性・膠原病などによる2次性)
と言ったものが挙げられます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

呼吸器疾患が疑わしい症状としては、運動時・坂道を歩いた際の息切れ、痰の増加、血液の混ざった痰、持続する咳、息が吸いづらい、一気に息が吐けないなどがあります。

 

呼吸器疾患と喫煙は深い因果関係があります。肺がんになるリスクを飛躍的に高め、COPDの病態、症状を進行させます。COPDとはタバコを長期吸い続けることにより慢性的な気道の炎症をおこし、咳・たん・息切れなどの症状が特徴的な病気です。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

進行は緩やかなため放置されることが多いようですがやがて、日常生活が困難になるほどの呼吸苦が起こり死に至ることもあります。2020年には死因の第三位となると予想されており、日本では500〜700万人がこの病気であると言われています。進行すると症状が改善することはないため、早めに治療を開始すること、禁煙が大切となります。

 

薬剤師 募集