調剤薬局のお届けする内科を開くのに適した場所について

内科を開くのに適した場所について

開業形態別のメリット・デメリット
「テナント開業」
テナント開業のメリットはなんと言っても駅前や繁華街など人通りが多いところで開業できる事です。駐車場の確保が難しいというデメリットがあります。
「戸建開業」
戸建開業のメリットはスペースを広く確保出来る事と、駐車場の確保が比較的容易という事です。また2階に居住スペースがついている物件が多いため、自宅にしたり職員の休憩所にしたりする事が出来ます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

スペースが広いため、CT等広いスペースを必要とする医療機器を置けるというメリットもあります。テナント開業と違い人通りの多い場所を確保出来ない点があり、物件によってはかなり入り組んだ住宅地にありますので、こまめに看板を出すなどしてクリニックの場所をアピールしないといけない場合もあります。
「クリニックモールでの開業」
クリニックモールでの開業は基本的にテナント開業と同じメリットとデメリットがあります。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

ただしクリニックモールならではのメリットとしては、患者さんが集まりやすいという事や、元々クリニック用に設計されているので余計な内装工事代がかからない等初期投資額が少なく済む場合が多いです。
「M&Aによる開業」
M&Aによる開業のメリットは、ベットが持てる事です。反面デメリットはとして、多額の資金を必要とします。

 

薬局