調剤薬局のお届けする内科開業に必要な資金について

内科開業に必要な資金について

自分がイメージする医院開業の形を現実のものにするためには、どれくらいの医院開業の資金が必要なのかを把握することです。開業の形態としては、戸建 て、テナント、レンタル、居抜きなどが挙げられます。そして、それぞれに必要な資金が大きく異なります。また、医院開業地域の性格もまちまちです。戸建てであれば、もともとの資産がなければ郊外での医院開業となるでしょうし、テナントであれば、人の集まる好立地での医院開業が可能です。自分のやりたい診療と自分の調達できる資金から、適切な医院開業の形態を選択することです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

場所が決まれば、今度はそこで医院を開業するのに 必要な資金の調達です。土地の購入、テナントの入居費用、建築・内装費用、診療機器・什器や人件費など、開業するにはいといろとお金がかかります。自分の貯金だけでまかなえる人はほとんどいません。そこで、足りない分を用意しなければいけません。それが資金調達です。資金調達といっても、一般企業のように調達方法がいくつもあるわけではありません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

個人開業の場合、基本的には、お金を借りる、リースを活用する、の二つだけです。いずれにしても、開業に必要な資金の見積もりをちゃんとすることです。特に運転資金をギリギリで見積もる人が多いですが、設備をひとつ削ってでもゆとりをもたせたいものです。

 

薬剤師国家試験