調剤薬局のお届けする内科の開業に必要な許可について

内科の開業に必要な許可について

届出のタイミングとして、開業することが正式に決まった時点で保健所に出向き、開業の意思を表明しましょう。そこで必要書類をもらい、書類が整った時点で再度、保健所担当者にチェックしてもらいアドバイスを受けます。社会保険取り扱いの申請書類も事前に社会保険事務所に出向き、手続きのタイミングを相談しておくとよいでしょう。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

各機関へはドクター本人が直接出向き、担当者と面談して信頼関係を築くことで、トラブルを未然に防ぐことができスムーズに開業へと進めることができます。書類などの書き方の説明をしてくれるので、事前に最寄の機関に確認するとよいでしょう。

 

「医療法に基づく診療所開設届・開設許可申請書」は医院が所轄の保健所に、医療業務開設日から10日以内に提出することが義務付けられている書類です。これによって医院は法律的に存在を認められますが、開設後に手続きを行った場合、患者はすべて自費負担で医療費を支払わなければなりません。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

つまり、患者様を受け入れる実際の開業日の一ヶ月前には保健所へ開設届けを提出して社会保険事務所の審査を待つという手順を踏まなければなりません。よって実際には社会保険事務局への保険取扱いの医療機関の指定許可を得てから初めて患者様を受け入れるといった形が一般的です。

 

薬剤師 求人